Oracle PL/SQL のコード検査 チュートリアル

ORACLE PL/SQL のコード検査方法は ?

  1. コード検査を有効にします。
    • VEリボンメニューを右クリックし、[リボンのカスタマイズ] を選択します。
    • 下のウィンドウで、[ベータ機能] をチェックします。

      Oracle PL/SQLコード検査ベータ機能

    • リボンに新しいタブ [ベータ機能] が表示されます。
    • 開いてください。 コード ルールの有効化/無効化をクリックすると、ボタンが黄色に切り替わります。
      コード検査機能が有効になります。

      コードルールの有効化/無効化

    • コード解析を再度実行して、コードを検査ルールに照らし合わせてチェックします。

     

  2. コード解析が完了すると、Visual Expertのツリービューに新しいセクション [コード検査] が表示されます。
    サポートされている言語は、ツリービューのルートにリストされます。
    言語ごとに、利用可能なルールの数が表示されます。

    オラクルのコード検査ルール

    言語を選択します。例えば、 [ Oracle のコード検査 ] など。

  3. マクロを選択して、気になる課題を選択します。

    T-SQLのコード検査のための課題を選択

  4. 対応するルールはツリービューに記載されています。
    各ルールごとに、発見された課題数を以下のように表示しています。

    Oracleのコード検査

  5. ルールを選択すると、ドキュメント ページに詳細が表示されます。

    Oracleのコード検査ルールの説明

  6. ナビゲーション・バーで、[見つかった問題] をクリックします。
    この特定の問題を持つ各オブジェクトは、コンテナ階層にリストされています。

    Oracle PL/SQLアプリケーションのセキュリティ問題

  7. このリストからオブジェクトを選択すると 問題はコード内でハイライトされます。

    PL/SQLコードの問題点を強調表示

 

Visual Expert 2020, Oracle, Code Inspection