Visual Expert for Oracle 主な機能

Visual Expertは、Oracleコードのメンテナンスに欠かせないソリューションです。

CRUDマトリクスの表示

CRUD マトリクスとは、どのプロセス/プログラムがデータにアクセスするかを示す機能です。

すなわち、どのコンポーネントおよびストアドプロシジャーが、テーブルの作成(Create)/読み込み(Read)/更新(Update)/削除(Delete)を行うかを表示できます。

  • データベースとPBアプリケーションの依存関係を表示できます。
  • テーブル定義の変更、インデックスの追加など、データベース スキーマの変更の影響を解析できます。
  • ソフトウェアの複雑性を見積もれます。
  • どのプロセスがテーブルを更新(update)、削除(delete)を行っていないかを発見できます。
  • プロセスの入力(R) /出力(CUD)の関係を理解できます。

 

複雑なコールチェインの調査

関数とイベントのコールツリー、すなわち、呼び出し元と呼び出し先を表示できます。

また、すべての実行可能なパスを調べ、コードをドリルダウンして参照されたメソッドまたは変数をクリックすると、その定義を表示できます。

コールツリーは、コードの変更の影響を調べるのに役立ちます。

変更結果の識別

もし、このコードを変更すると、どういう影響があるか?

仕様変更を達成するために必要な修正範囲を表示できます。
これにより、変更後の予期しない問題を回避できます!

  • この変数を変更した場合、どのような影響があるか?
  • 関数にパラメータを追加した場合、何が影響を受けるか?
  • テーブルまたはカラムが変更された場合、どのコードを変更する必要があるか?

ドキュメントの作成

ソースコードからドキュメントを生成し、HTMLで参照マニュアルを作成できます。
スケジューラ機能により、定期的に自動的に文書を作成できます。
コード内の参照を、ハイパーリンクを使用してドキュメント化でき、ドキュメント内を簡単にナビゲートできます。
生成されるドキュメントは、常に最新のコードから生成されるので、常に最新の状態で利用でき、複数のチームメンバーと共有できます。

複雑なコードの理解

複雑なアプリケーションをメンテナンスする場合は、コードについてより理解する必要があります。
Visual Expertは、使用している開発ツール(TOADなど)の完璧な支援ツールです。
アプリケーション構造の調査と内部動作の理解の手助けできます。
ハイパーリンクを使用してコード内をナビゲート可能。各参照には、参照されるアイテムへのリンクが設定されています。
ツールチップによるオブジェクト、メソッド、および変数に関する情報の表示できます。
高度な機能の多くは、さまざまな角度でアプリケーションのコードを画面に表示できます。

コード バージョンの比較

アプリケーションのコードを2つのバージョン間で比較できます。

  • ファイルまたはオブジェクトだけでなく、アプリケーション全体の比較を実行できます。
  • 比較はコード構造に基づいており、テキストでの比較よりも役に立ちます。
  • コンテナ階層の違いを表示する。関連する変更を見つけるために、ソースコードをドリルダウンできます。
  • 特定のオブジェクト、またはオブジェクト カテゴリ(プロシージャ、テーブル、トリガー等)の違いを発見できます。
  • 指定されたコンテナ(パッケージ、またはスキーマ)内の違いを発見できます。
  • コードのスナップショットを使用することにより、いつでもコードを比較できます。

高度な文字列検索

文字列検索機能は、しばしば大量の検索結果を返します。 これは、冗長な作業を生むこととなり、非生産的です。

Visual Expertの文字列検索機能は、このような欠点に対処しています。Visual Expertの文字列検索機能では、以下が可能です。

  • 複数の条件を使用して検索結果を減少できます。
  • 1つまたは複数のオブジェクト タイプによる制限検索が可能です。
  • 単語、または開始/終了する単語を使用して、一致する対象を検索できます。
  • コンテナ階層内の結果を表示できます。
  • 見つかった文字列はコード内で強調表示されます。
  • 関連する結果項目をフィルタリングできます。
  • 検索結果をチーム メンバー間で共有できます。

チームワーク連携機能

Visual Expertサーバー ライセンスの利用により、複数のチーム メンバーが同じプロジェクト(アプリケーション コードの解析結果)で一緒に作業できます。

  • プロジェクト(アプリケーション コードの解析結果)をサーバー上で解析することにより、複数のチーム メンバーで利用できます。
  • 各チーム メンバーは、自分のPC上で独自に解析結果を調査できます。
  • チーム メンバーは、同じプロジェクト内のコードを同時に調査できます。
  • インパクト アナリシスなどの調査結果を他のメンバーと共有できます。
  • 調査/解析結果をExcelやHTMLファイルとして送信できます。

コードの改善

Visual Expertの利用により、保守作業を合理化でき、またコードをクリーンアップして予期しない動作を回避できます。

  • 未使用のオブジェクトを特定することにより、デッド コードを識別し、削除できます。
  • 空のメソッドを見つけることにより、コードを改善できます。
  • 欠落しているインデックスを識別し、クエリの実行時間を短縮します。
  • コード行数、オブジェクト数、メソッド数、変数の行数などのコード マトリックスを表示できます。

どのように動作するか?

  1. コードの解析はコード パーサーが行い、その解析結果はリポジトリに保存されます。
  2. Visual Expertの各プロセスは、このリポジトリにクエリーを発行することにより、各機能を実現しています。
  3. Visual Expertクライアント ライセンスは小/中規模のコード解析に適しており、1台のPC上で前述のプロセスを実行します。
  4. Visual Expertサーバー ライセンスは、サーバマシンと複数のクライアントPC(開発PC)で構成されるシステムに適しており、お奨めされる利用形態です。
  5. Visual Expertサーバー ライセンスでは、コード解析をサーバー上で行い、サーバー上のリポジトリに保存します。各開発者は自身のPCでVEクライアントを実行し、サーバー上の共有リポジトリにアクセスできます。
  6. コード解析およびドキュメント生成ではスケジューラを利用でき、スケジュールされた時間に結果を生成できます。

Oracle と PowerBuilderアプリケーション間のクロス解析

VE 2017では、OracleのPL/SQLコードを解析する新しいParserが実装されました。

  • OracleとPowerBuilderのコードを一緒に解析できます。
  • プロジェクトにはOracleテーブル、ビュー、プロシージャ、関数などを包括できます。
  • クライアント コードとサーバー コード間のすべての依存関係を調査できます。
  • たとえば、PBスクリプトがOracleプロシージャを参照している場合等、各言語間をシームレスに移動できます。

お客様の声