SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

「命名規約」に従うことは、コードの品質と保守性の向上に貢献するため、SQL Serverプロジェクトのベストプラクティスの一つです。

命名規約に準拠していないオブジェクトを見つけて問題を修正するのは時間のかかる作業です。[命名規約] 機能を使用すると、設定可能な方法でネーミングの問題を自動検出できます。

SQL Serverプロジェクトで命名規則を確認する方法:

  • メインビュー内で SQL Server プロジェクトを選択します。
  • ナビゲーションバー内の [命名規約] をクリックします。
    Visual Expert は、事前に定義された命名規則に従わないオブジェクトを、修正する必要のある修正のヒントとともにリストアップします。

  • SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

  • 命名規約は、プロシージャ、関数、トリガ、ビューなどのルート項目でも使用できます。

  • SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

     

SQL Serverの「命名規則」機能を設定する方法:

Visual Expert はデフォルトの命名規則のセットを提供しており、ニーズに応じてカスタマイズできます。

  • ナビゲーションバー内の[命名規約] にマウスを当て、その右端に表示されるレンチ アイコンをクリックします。

  • SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

  • これにより設定ウィンドウが開き、必要に応じてルールを変更できます。

  • SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

    また、プロジェクト設定レベルで命名規則を設定することもできます。

  • トップメニューの [管理] タブ下にある [その他の設定] を開きます。

  • SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

  • 左ペイン内で [Transact-SQL] タブを選択します。
  • 現在の Visual Expert プロジェクトに必要な命名規則を設定します。変更は、このウィンドウを閉じると自動的に保存されます。

    SQL Server (T-SQL) コードの命名規約のチェック

 

Visual Expert 2019, SQL Server, Check Naming Convention