コマンドラインから VISUAL EXPERT を実行する方法

run visual expert from command line

1. Visual Expert フォルダーにアクセス

コマンド プロンプトをオープンし、 VE 2019 のインストレーション フォルダーにナビゲートします。

run VE from command line

 

2. 利用可能なコマンドをチェックアウト

このコマンド リストを実行します。
"Novalys.VisualExpert.Console.exe --help"


run visual expert from command line - list of commands

3. コード解析の実行

コード解析を開始するには、以下のコマンドを実行します。
Novalys.VisualExpert.Console.exe -a -p "<Project Name>

例: Novalys.VisualExpert.Console.exe -a -p "SQL Server Sample project"

run visual expert from command line - run code analysis

コード解析が完了すると、以下のメッセージがプロンプトされます。

run visual expert from command line - code analysis results

4. ソースコード ドキュメントの生成

ドキュメントを生成するには、以下のコマンドを実行します。 

Novalys.VisualExpert.Console.exe -d -p "<Project Name>

  • 例 1: Novalys.VisualExpert.Console.exe -d -p "SQL Server Sample project"
  • 例 2: Novalys.VisualExpert.Console.exe -d -p "SQL Server Sample project" -t reference
    ノート: ドキュメンテーション テンプレート “参照ドキュメント” がデフォルトで使用されます ( このテンプレートの詳細、またはコンテンツ / スタイルのカスタマイズは Visual Expert のドキュメント設定を参照してください。)  

ドキュメントが生成されたなら、HTML ドキュメントが含まれるフォルダーが示されます。そのパスをコピーして、Webブラウザで開き表示します。

run visual expert from command line - generate source code documentation

 

5. コード レビュー ドキュメントの生成

コード レビュー ドキュメントを生成するには、以下のようにドキュメント タイプを指定します。

Novalys.VisualExpert.Console.exe -d -p "<Project Name>" -t codereview

例: Novalys.VisualExpert.Console.exe -d -p "SQL Server Sample project" -t codereview

ドキュメントが生成されると、HTML ドキュメントが含まれるフォルダーが示されます。そのパスをコピーして、Webブラウザで開き表示します。
このテンプレートの詳細、またはコンテンツ / スタイルのカスタマイズは Visual Expert のドキュメント設定を参照してください。

run visual expert from command line - generate code review report

Visual Expert 2019, PowerBuilder, Oracle, SQL Server